誰でも年齢とともに、聴力はおとろえます。


nessaは全ての人をサポートして健康的な「きこえ」を提供することを目標にしています!!

  • 難聴を放っておくとなぜ危険なのでしょうか?

    難聴を放置すると身体的、精神的に影響をきたします。難聴は鬱や社会的疎外感や、人格変化の原因となることが科学的に証明されています。

    また、アメリカの研究によると、難聴患者のうち90%に認知症が見られるとされ、認知症も難聴と関連があるとされています。難聴が孤立を招き、それが認知の減退を早めるという可能性が原因として考えられています。

  • 補聴器を使い始めるベストタイミングはいつ?

      医療機関によると補聴器使用によって得られるメリットを受け入れる気持ちがある人であれば、年齢は問題ありません。

      年をとるに従って内耳に変化が生じ、難聴を引き起こす可能性があります。症状は徐々にゆっくりとのこともありますが、残念ながらほとんどのケースが慢性的なものです。

  • 難聴をマイナスイメージでとらえない為に!!

    nessaが2000人の難聴患者を対象にシンガポールで実施した生活スタイルに関する調査結果によると補聴器は目立つ上、値段が高いというイメージがあるようです。

    nessaは、こうした心配を取り除き、補聴器に対するマイナスイメージを克服するパッケージを提案しています。

    • 補聴器は難聴患者の生活改善を助けます。実際に、90%の補聴器使用者が生活の質が向上したと回答しています。
    • 補聴器は決して目立つものではありません。nessaは目立たず、コーヒー豆よりも軽い、耳の中に入れるレシーバータイプの補聴器のみを採用しています。
    • 補聴器は高い買い物です。nessaはこうした懸念を理解した上で、業界初の生活スタイル及びきこえ改善の契約パッケージを月額で提供しています。
聴力測定を受ける