難聴でお困りですか?

これを聴いてみてください。

聴覚は五感の中で最も重要な機能の一つです。毎年多くの人々が生活に支障をきたしたり、生活から楽しみを奪う難聴と診断されています。

  • 難聴とは?

    あなたが大切な人や友人と会話をする際、静かな環境の中ですら聞こえにくいと思ったことはありませんか?また、頻繁に話し相手の言葉を聞き返すことがありませんか?もしこれらに当てはまる場合、難聴の可能性があります。

    難聴は、聴力が徐々にもしくは突発的に悪化する症状のことを言います。症状は軽度から重度まで様々で、一時的なものから慢性的なものまであります。難聴の人の中には自身の症状に気づかない場合もあります。

  • 難聴の原因とは?
    1. 大きな音

      毎日大音量で音楽を聴いたり、ドリルなどの機械を耳栓なしで使い続けることを想像してみてください。こうした大きな音を継続的に聴き続けると気づかないうちに内耳を傷つけ、結果的に難聴を引き起こします。また、爆発音なども聴力を低下する恐れがあります。

    2. 加齢

      年齢を重ねるとともに内耳に変化をきたし、難聴を引き起こすことがあります。進行は徐々にゆっくりではありますが、基本的に慢性的なものとなります。

    3. その他の原因

      難聴は耳垢の蓄積や耳への異物の混入、事故による耳や頭の損傷、耳の感染症、耳の鼓膜損傷やその他中耳や内耳への影響によって引き起こされます。

  • 難聴の症状は?

    以下が一般的な難聴の症状です:

    • 以前よりも大きな音量でテレビやラジオを視聴するようになった
    • 頻繁に聞き返すようになった
    • 騒音のある場所での会話が聞き取りづらくなった
    • 耳の痛み、不快感やかゆみ、または耳垂れ
    • 耳のつまりや、こもったような聴こえを感じる
    • 耳の中で騒音を感じる、耳鳴り
    • 物が自分の周りで回転しているように感じる、めまい
  • 難聴の症状を確認したら

    まずは医師に相談しましょう。身体検査とともに、あなたの症状や既往歴について確認し、もし難聴が疑われる場合には、聴覚専門医を紹介されます。

    難聴と診断された場合には、Nessaのきこえの専門家が聴力改善のお手伝いを致します。

  • 難聴のケアについて
    • 一般的に、騒音による難聴、加齢による難聴に対しては補聴器が最も有効な手段と言えます。
    • 自助:相手のジェスチャーや表情、動作や声のトーンに今まで以上に注意を払うことによって聴こえづらさを補うこともできます。
    • 補聴器でも効果が十分に発揮されない場合、蝸牛神経の移植も選択肢の一つとなりえます。
  • 難聴を避けるには
    • 機械等で作業をする際には、耳栓や耳当て等、耳を覆うものを装着しましょう。
    • イヤホンやヘッドホン等で音楽を聴く際には音量を上げ過ぎないようにしましょう。大音量での音楽視聴は耳への負担となります。
    • 耳かき等を耳の奥まで入れないようにしましょう。内耳を傷つける可能性があります。